アディダス イージーブースト350 V2 BONE,

会社情報

Company

RAINMAKER様専用Air Jordan 1 Low Golf, 新品未使用 NIKE DUNK LOW RETRO パンダダンク 28.5cm,

<超早い者勝ち‼️特別価格/1点限り>YEEZY BOOST 350 v2 好きに

<超早い者勝ち‼️特別価格/1点限り>YEEZY BOOST 350 v2
<ブランド> adidas <商品名> YEEZY BOOST 350 V2 (tripleBLACK) FU9006 アディダス イージーブースト350 V2 BLACK/BLACK/BLACK トリプルブラック 28(10) ※稀少サイズ‼️ ¥31,480→¥25,500- <状態・10段階評価> 10/8 ・美品 ・軽いインソール印字のスレ ※画像での判断をお願い致します。 <付属品> 無し ※画像に写る物が全てとなります。 <説明> アディダス オリジナルスとカニエ・ウエストのコラボレートコレクション「adidas + KANYE WEST」の「YEEZY BOOST 350 V2 "TRIPLE BLACK"」です。ADIDASが誇る最先端の技術高いフィット感を生み出すプライムニットのアッパーと衝撃吸収性と反発性の二つを兼ね備えるブーストフォームを搭載したADIDASを代表する1足です。 こちらの"color"は、特に人気も高くかなり高騰しています。 某有名相場サイト等では、5〜7万ほどでやり取りされております。 人気が衰える事は無いモデルなので、是非お早めにご検討下さい。 《注意事項》 ・配送は基本支払い後48時間以内となります。 ・配送方法が変わる場合があります。 ・あくまで個人保管ですのでNCNRで入札をお願い致します。 ・すり替え防止の為に返品はご遠慮ください。 ・画像での判断をお願い致します。 ・あくまでも人の手に渡った商品になりますので、神経質な方はご購入をお控えください。 以上、ご購入をお考えで気になる点がございましたら、お気軽にコメント下さい!! キーワード #カニエウエスト #イージーブースト #350 #イージーブーストV2 #トリプルブラック #FU9006 adidas YeezyBoost350 V2 Black (Non-Reflective) 型番: FU9006 #adidas #Yeezy #adidasYeezyBoost350V2Black_Non_Reflective_ カラー···ブラック スニーカー型···ローカット 履き口···紐 柄・デザイン···無地
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

代表挨拶 私たちは、食を楽しむ人全ての方に、日本一のひとくち餃子を提供する企業です。

  1. ホーム
  2. スニーカー
  3. <超早い者勝ち‼️特別価格/1点限り>YEEZY BOOST 350 v2

点天のこだわり・おいしさに共感いただけるお客様を日本中に広めたい。
素材の細部にまでこだわり、妥協を許さず品質を守り、限りなく味を追求し続けることこそお客様への真心です。

「食」は、いのちの源。私たち点天の仕事は、そこに密接につながっていることを、ひと時も忘れてはなりません。
安全・安心な「食」を提供することは、人が自ら生きる力を高めること。
おいしい「食」を創り出すことは、さまざまな世代や立場の人が共感し合える時や場をもたらすこと。

どんなに時代が新しくなっても、いや、時代の変化が目まぐるしくなればなるほど、私たち点天の仕事や担う役割は、ますます重く大切なものになる。
点天はそう信じます。

代表取締役今野 啓介

経営理念

社是

  • 誠実 真心がこもっていること
  • 謙虚 言動がつつましく控え目なこと
  • 啓発 知能を開き高め導くこと
  • 啓蒙 古い習わしを破り革新すること

素材サンプル画像

品質方針

誠実・謙虚を旨とし、伝統を守りながら、品質の向上を求め、信頼の味を構築する。日本の食文化に対応し、独自のオリジナル餃子を全国に提供していくことを目指す。商品(ひとくち餃子)を製造するにあたっての最も基本的な考え方です。

会社概要

社名 株式会社 点天
本社・工場
  • 【大阪本社】〒554-0024 大阪市此花区島屋 4-4-12
  • 【名古屋工場】〒462-0021 名古屋市北区成願寺1-5-6
  • 【東京工場】〒143-0013 東京都大田区大森南3-22-13
代表取締役 今野 啓介 
(こんの けいすけ)
資本金 3,000万円
従業員数 230名(パート・アルバイトスタッフ含む)
創業 昭和52年4月
事業内容 当社独自のノウハウによるオリジナル餃子の製造。
全国有名百貨店・関西の主要JR駅での販売、全国のお客様への発送(配送)業務。

取り組み

安全、安心への取組み

私たちはお客様に安心して美味しく召し上がっていただくために、
食の安全を最優先に取り組んでいます。

大阪版食の安全安心認証制度の認証取得

書類審査、現地審査を踏まえ衛生管理やコンプライアンス(法令遵守及び社会倫理に適合した行動)・危機管理の積極的な取り組みができているとして認定されました。

自社検査の実施

品質・衛生管理室を設置し、自社検査室に於いて、商品の一般生菌数、大腸菌、黄色ブドウ球菌などの検査を行い、安全であることを確認しています。工場の餃子製造に係る機器や従業員の手指等の拭き取り検査を行う他、衛生教育を実施して品質、衛生管理に取り組んでいます。

トレーサービリティの確保

トレーサービリティとは、生産・加工・流通などの各段階で、原材料や生産情報、流通経路などの情報を追跡できるしくみのことです。
点天ではお客様に安心してお召し上がりいただけるよう、製品がお客様のお手元に届くまでの全ての記録を管理し、万が一の場合、速やかに対応できる体制を整えています。

法令遵守

点天は、正道を歩む経営をモットーとし、食品衛生法、JAS法等の法令や
社内規則を守ることは勿論、関係する資格認証制度の取得にも積極的、
誠実に取り組んでいます。

大阪版食の安全安心認証制度の認証取得

衛生管理、コンプライアンス、危機管理体制が基準をクリアしていると大阪府が指定した認証機関であります、(財)大阪外食産業協会の審査を受けて認証を取得しています。

プライバシーマークの認証取得

贈り物等ギフトとしてまたお取り寄せで当社の商品をご利用いただく沢山のお客様の個人情報を保護するために、JIS規格〔個人情報保護マネジメントシステム(JISQ15001:2017)〕に準拠し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマークの付与認定を受けて個人情報の保護に努めています。また、お客様からお預かりした大事な個人情報は目的以外に使用することはありません。

消費期限

法令に基づいた科学的根拠(一般生菌数、大腸菌・黄色ブドウ球菌陰性などが法令で定められた基準内であること)及びトップ自らの官能検査により消費期限を定めています。

環境保護

エコ、リサイクルへの取組み

二酸化炭素の排出量削減など地球規模での環境保護対策がすすめられ、食品業界では食品リサイクル法が改正され、食品関連事業者には、食品廃棄物の発生の抑制、再生利用、熱回収、減量の推進が、また食品廃棄物の発生量の定期報告が義務付けられるなど国を挙げての対策がすすめられています。
当社も食品関連事業者の一員として、真正面からこの問題に向きあい、解決に向かって全社的に取り組んでまいります。
先ずは、当社で対策をとることができ、最も効果を上げることができる食品廃棄物の発生の抑制から取り組みます。

商品の製造販売部門

  • 1. きめ細かい売上予想に基づく商品製造を行い、過剰納品を防止し、食品廃棄物を減少させます。
  • 2. 工場生産ラインの見直し、機器類の調整により不良品の発生率を低下させます。
  • 3. 商品の値引き、加工食品化など販売方法を工夫し、食品廃棄物を減少させます。
  • 4. 商品の包装資材は、環境に優しい植物由来のものを使用します。

商品の非製造販売部門

  • 1. 徹底した節電を推進します。
    • ・夏の冷房温度は、28℃以上に設定します。
    • ・待機電力の削減を図ります。
    • ・こまめに消灯する運動を展開します。
  • 2. 徹底した節水を推進します。
  • 3. 社内LAN、掲示板を活用することによりペーパーレス化を推進します。
  • 4. 社内で使用するコピー文書は新しいコピー用紙ではなく裏紙を使用
    (廃棄する文書の裏面を再利用)します。

社会貢献

東日本大震災の被災地支援炊き出し

2011年5月21日、東北沖地震から2か月が経ったものの、依然生々しい傷跡が目の前に広がる陸前高田市内でした。
僅かながらの食料をトラックに積み込み陸前高田ドライビングスクールにて振る舞い餃子の場を持たせていただきました。私どもが激励に訪れたものの逆に被災者の皆様から多くの笑顔と元気をいただきました。

東日本大震災の被災地支援炊き出しの様子

熊本地震の被災地支援炊き出し

益城町(益城町総合運動公園)を基点として、西原村、南阿蘇村の3か所にて、石原プロモーション様とともに5日間の出張炊き出しを行いました。
今回、炊き出しに参加させていただきましたが、被災現場や被災者の方は精神的なストレスを考えるとまだまだ長期的な支援が必要であり、私たちが熊本地震の事を忘れない事も大事なことと感じました。

熊本地震の被災地支援炊き出しの様子